レビュー: Google Nexus 7(Chrome for Android篇)

IMG_7406.jpg

Google初のオリジナルタブレットで、世界初のAndroid 4.1(Jelly Bean)ネイティブなスマートフォン/タブレット「Google Nexus 7」を「筐体篇」「ディスプレイ篇」「Google Now篇」「Google Currents篇」に引き続きレビューしていく。

- Chrome for Android -

chromeandroid.png

Jelly Beanから、デフォルトのブラウザがついにChromeに変更された。Chrome for Androidは、すでにAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich, ICS)向けに配信されていたが、あくまで「ブラウザ」がプリインストールアプリとしてデフォルトだった。

Chromeは、PC版とGoogleアカウントを介して同期できる。つまり、ブックマークの共有はもちろん、開いているタブまでAndroid側でも再現できる。「ブラウザ」が同期周りに弱かったので、今回のChrome完全移行は歓迎される。

Screenshot_2012-08-09-21-39-19.png Screenshot_2012-08-09-21-40-15.png
(Nexus 7でのインターフェイスはタブがPCブラウザのように表示される)

タブブラウジングについては、実際に筆者が試したモデルが、SC-06DなどのICS搭載スマートフォンと、Jelly BeanのNexus 7のみなので定かではないが、前者のスマートフォン群はタブをディスプレイ端からのスワイプで切り替えるか、右上のタブ切り替えボタンを押す必要があるが、Nexus 7では、画面域が広いタブレットと認識されているからだろうか、開いているタブがPCブラウザのように表示される。

Screenshot_2012-08-13-08-38-44.png Screenshot_2012-08-13-08-39-20.png
(SC-06Dでは、タブは数のみ表示される。タブ切り替えはグラフィカルにサムネイルされる。)

いずれにしても、環境によって同期に悩まない状況が作られていくのは大事なことだ。PCのメインブラウザがChromeではないというユーザーも、PC側で一度メインブラウザからChromeにインポートしておけば、シームレスにAndroidスマートフォンでも同じ環境を利用できるようになる。

関連:
レビュー: Google Nexus 7(Google Currents篇)
レビュー: Google Nexus 7(Google Now篇)
レビュー: Google Nexus 7(筐体篇)
レビュー: Google Nexus 7(ディスプレイ篇)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。