KDDI、今秋にもスマートテレビに参入へ/パナソニックと専用端末開発=日本経済新聞

  • Day:2012.07.15 02:20
  • Cat:au
KDDIは、CATV会社と共同で、ユーザーが使用しているテレビに専用のセットトップボックスを接続することで、テレビ番組とインターネットの両方を楽しめるスマートテレビのサービスを始めます。日本経済新聞が、15日付で報じました。

セットトップボックスは、パナソニックと共同で開発し、Android OSを採用します。専用端末をTVに接続することで、インターネットや、KDDIがauスマートフォン向けに提供している映画やドラマを無制限に見ることができる「ビデオパス」(月額590円)などのアプリを利用することができます。

また、専用端末はWiFiルーターの機能も搭載しているため、家庭のインターネットの無線化も兼用します。

サービスは、今秋にも子会社のジャパンケーブルネットが開始し、出資するジュピターテレコムも参加する見通しです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。