HTC J、夏モデル先行発売のため防水性能を断念していた=日本経済新聞

  • Day:2012.07.14 22:20
  • Cat:au
IMG_6896.jpg

日本経済新聞に14日付で掲載されたジャーナリスト石川温氏のコラムは、KDDIから5月に発売されたHTC Nippon製Androidスマートフォン「HTC J ISW13HT」について、夏モデルの中でも先行して発売を開始するために、当初予定していた防水性能の搭載をKDDIとHTCが諦めていたと伝えています。

当ブログでもレビューで伝えましたが、HTC Jの筐体には、かなり丁寧な端子部のカバーがあり、リアカバーにも接点がいくつもあるため、水の侵入を防ぐことを目的とした設計の名残があります。

記事によると、クアルコム社の主力チップセット「Qualcomm Snapdragon S4 MSM8960」の供給不足、生産不足により、全体的に夏モデルの発売が遅れているのは既報のとおりですが、HTC Jは「Snapdragon S4 MSM8660A」を採用しており、MSM8960の供給不足で他機種の発売が遅れることは早い段階でわかっていたため、併売店に配慮して夏モデルの中でも先行して発売したとのことです。そのため、当初予定していた防水性能の搭載を断念したそうです。

また、結果的に先行発売されたHTC Jは販売店にとって売りやすいメーカーになり、ユーザーにとっても「HTC」のイメージが高まったようです。

関連:
クアルコムの半導体供給難、2012年夏モデルの発売に遅れ=日本経済新聞

レビュー: HTC J(ISW13H)ユーザーインターフェイス篇その2
レビュー: HTC J(ISW13H)ユーザーインターフェイス篇その1
レビュー: HTC J(ISW13HT)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。