NTTドコモ、タワーレコードを子会社化

スクリーンショット 2012-06-11 18.52.33

NTTドコモが、2005年から資本提携による協業を続けていたタワーレコード株式会社を、既存株主からの譲受による株式追加取得を実施して、子会社化することを発表しました。

同社は、中期ビジョン2015にある「モバイルを核とする総合サービス企業」を目指すため、アライアンス企業との協業を推進しており、今回のタワーレコード子会社化もその一環としています。

ドコモとタワーレコードは、スマートフォンやタブレット端末等の普及拡大により、今後更に成長が見込まれる「コマース事業」の強化を図り、タワーレコードの持つ音楽エンターテインメント事業と、ドコモの6,000万契約を超える顧客基盤、iモード、dメニュー等の各種サービスを融合し、それぞれのユーザーに付加価値の高いサービスを提供するとのことです。

ドコモのタワーレコード株追加取得は本年7月中旬までに完了し、追加取得後の出資比率は50.3%となります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。