VIVA JAPAN、尾崎牛を扱うオンラインストアをオープン

スクリーンショット 2012-06-05 16.26.52

日本と東南アジア向けにソーシャルECサービスを展開する株式会社VIVA JAPANが、宮崎の黒毛和牛ブランド「尾崎牛」を販売するオフィシャルオンラインストアを6月5日(火曜日)にオープンすると発表した。

尾崎牛は、生産者である尾崎宗春氏の名前を取ったブランド牛で、抗生物質や保存料を一切含まない飼料を毎日2時間かけてブレンドし、一般的には平均生後28ヶ月で出荷するところ、尾崎牛の脂の一番美味しいとされる32ヶ月前後かけて育てる黒毛和牛ブランドとのことだ。

筆者もAUGM宮崎2010の前夜祭で牧場に行って尾崎牛を食して以来のファンで、東京や千葉で尾崎牛を食べられるレストランや焼肉屋によく足を運んでいるが、今回のオンラインストアのオープンにより、尾崎牛を気軽に家庭で食べられるようになるのは、かなり魅力的といえる。

既にオンラインストアはオープンしており、尾崎牛「しもふりスライス」(5,250円/300g)から、「切り落とし口福袋」(2,100円/500g)まで幅広いラインナップが用意されており、7月9日まで予約を受け付け、7月12日より順次出荷開始する。

尾崎牛を食べてみたい人はぜひ予約してみて、味を楽しんでみてはどうだろうか。また、ギフトでも喜ばれると思うので、このシーズンだとお中元にも最適だ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。