NTTドコモ、次期社長に加藤薫取締役常務執行役員=日本経済新聞

NTTは16日、グループ会社の人事を固め、NTTドコモの次期社長に加藤薫氏(現・同社取締役常務執行役員)が就任することが明らかになりました。日本経済新聞が、17日付で報じました。

NTTグループの新人事については、6月末の株主総会後に正式に決定します。

ドコモの新社長に内定した加藤薫氏は、昭和52年に日本電信電話公社入社後、平成17年の三井住友カード株式会社代表取締役兼専務執行役員、平成19年の株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ関西常務取締役を経て、ドコモ取締役常務執行役員経営企画部長に至ります。

現社長の山田隆持氏は、同社相談役に就く方向で調整しています。

ドコモでは、就任満4年で代表取締役が交代する慣例があり、今回もそれに則ったかたちとなります。

関連:
NTTドコモ, 総合サービス企業への転身を促進=日本経済新聞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。