News: 初代iPod nanoの発火事故でApple Japanに賠償命令=朝日新聞

Appleの「iPod nano (1st generation)」を充電中に、製品から発火して火傷を負ったとして、東京都世田谷区の夫婦が損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は11日、Apple Japanに請求通り約60万円を支払うよう命じる判決を言い渡しました。朝日新聞が報じました。

報道によると、判決では、バッテリーに製造物責任法上の欠陥があったと認め、治療費のほか、机の買い替え費用や慰謝料の支払いを命じました。

朝日新聞によると、Apple Japan広報部は「米国の本社に確認しなければコメントできない」としています。

関連:
Apple, iPod nano(1st generation)のリコールをようやく開始
消費者庁, 初代「iPod nano」事故についてアップルジャパンからの資料提供を公表
News: 東急田園都市線で乗客の「iPod」破裂による異臭騒ぎが発生
消費者庁, 初代「iPod nano」事故についてアップルジャパンに必要資料の追加提供を依頼
アップル, 「iPod nano (1st generation):バッテリーが過熱する特殊な事例について」を掲載/経産省指示を受け
経産省, 初代「iPod nano」の事故でアップルジャパンに再発防止策を指示
経産省, 初代「iPod nano」34件の事故未報告でアップルジャパンを厳重注意
消費者庁, 初代「iPod nano」重大製品事故についてアップルジャパンに資料提供を要求
経産省, 初代「iPod nano」の発火事故でアップルジャパンに報告徴収
News: 国内で新たに初代iPod nanoの発火事故/5件目の火災
Apple, 韓国で初代iPod nanoをリコール
News: 韓国でiPod nanoの爆発事故
News: iPod nanoの新たな過熱事故で経産省調査/未だリコールせず
News: 国内でiPod nanoの過熱事故/アップルはリコール対応せず
ソニー/アップル電池発火事故: 大阪地裁で和解も両社コメントせず
経産省, iPod nanoの火花発生事故でアップルに調査要求
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。