Gadget: モバキャスNOTTV対応「docomo NEXT series AQUOS PHONE SH-06D」(UI篇)

スクリーンショット 2012-03-31 12.39.41

日本初のスマートフォン向け放送局NOTTVに対応するNTTドコモ「docomo NEXT series AQUOS PHONE SH-06D」の評価機をレビューしている。今回は、NOTTVの評価ということで、その他の機能にアクセスできないように設定されていた。

IMG_6803.jpg

ロック画面は、標準的なシャープ製Androidスマートフォンのように上にスライドして解除するデザインだった。他の機能にアクセスするショートカットは用意されていない。

IMG_6807.jpg

標準のホーム画面では、NOTTVのウィジェットが配置されている。番組情報などが流れている。なお、Androidマーケットは、標準でGoogle Playストアになっていた。

IMG_6809.jpg

ステータスバーでは、WiFi、BluetoothなどのON/OFFボタン、バッテリー残量、ベールビューなどの設定が行えるようになっており、その手のウィジェットを導入しなくても標準でアクセスできるのは便利だ。

IMG_6816.jpg

付属の卓上ホルダに装着し、ロッド式アンテナを伸ばした。かなり力強い外観だったが、31日時点で発射されているNOTTVの試験電波をマンション屋内のリビングで受信することは出来なかった。ベランダに移動すると受信された。

IMG_6817.jpg

卓上ホルダは、端末のカラーに合うものが付属しており、評価機はホワイトだったので、シルバーベースになっている。デザインが一体化しており、卓上ホルダで利用するときもスマートだ。屋内でNOTTVが受信出来なかったので「現在、放送波を受信できません。」と表示されている。

関連:
Gadget: モバキャスNOTTV対応「docomo NEXT series AQUOS PHONE SH-06D」(筐体篇)
NTTドコモ, モバキャス「NOTTV」対応のスマートフォンなど2機種発表
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。