レビュー: 「docomo with series Disney Mobile on docomo P-05D」

IMG_6753.jpg

NTTドコモが販売するパナソニックモバイルコミュニケーションズ製Androidスマートフォンで、Disney Mobile on docomoブランドの「docomo with series Disney Mobile on docomo P-05D」は、同ブランドでは2モデル目となります。

端末としては、P-05Dは、パナソニックモバイルのグローバルモデルをベースにした「docomo NEXT series P-04D」(3月29日発売)を更にベースにしています。結果的にP-05Dのほうが先に販売開始となったので、同社のグローバルモデルを体験できる初めての端末になりました。

DSC00153.jpg

では、Disney Mobileとして、どのような特徴があるのか見ていきます。P-05Dは、電池パックが取り外し不可のタイプを採用しているため、リアカバーはありません。そのラウンド形状の背面にミッキーシルエットおよびDisney Mobileロゴが印刷されています。

また、その下には各種認証機関の認証マークが薄く印刷されています。

なお、筐体の材質はポリカーボネートで、UV塗装されています。薄さや重量から金属感が表現されていて、高級感があります。

DSC00161.jpg

Disney Mobileが標準搭載する「Disneyアラーム」アプリのウィジェットを配置しました。ミッキーシルエットには、現在時刻をアナログ表示するほか、右耳に日付、左耳にアラーム時間が表示されます。

また、静止画なのでわかりづらいですが、壁紙にはライブ壁紙のエレクトリカルパレードを設定しました。常にパレードがホーム画面のバックグラウンドで動いているので、ディズニーファンにはいたせりつくせりかもです。

ディスプレイ面にフィジカルキーは搭載されず、タッチセンサー式で3つのファンクションキーを用意、ホームボタンはミッキーシルエットです。

DSC00163.jpg

Disney Mobileユーザーは、Disneyが提供する有料サービスやアプリケーションを無料で利用することができます。その1つに、メールクライアントアプリ「Disney mail」があります。通常は、Gmailなどのクライアントとして使用するサービスですが、Disney Mobile on docomoでは「@disneymobile.ne.jp」ドメインのメールアドレスが付与され、同クライアントで利用できます。

「@disneymobile.ne.jp」は、購入後、ユーザー自身で設定する必要があります。同ドメインとspモードメールとの連携機能などは備わっていないほか、現時点ではプッシュに対応していません。よって、まだ発展途上のサービスで、今後改良されていくようです。

DSC00167.jpg

DSC00164.jpg

こうしたDisney Mobileユーザー向けサービスは、Disneyマーケットを通じてダウンロードすることができます。ライブ壁紙やテーマ、ウィジェットなど多数のディズニーコンテンツが用意されているので、購入後、まずはアクセスして登録することをおすすめします。

スクリーンショット 2012-03-26 23.10.14

そのほか、Disney Mobile on docomo限定で、ディズニーの名作映画を視聴することが出来る「Disney cinema」が用意されています。ダイジェスト版を配信しているのかと思っていましたが、オリジナルのフルバージョンを視聴できます。

確認した時点では『プリティ・プリンセス』『ポカホンタス』『フラバー』『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』『ふしぎの国のアリス』『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』『ダンボ』『魔法にかけられて』『おしゃれキャット』『101』『ノートルダムの鐘』『タイタンズを忘れない』などが全てフルバージョン配信されていました。

なお、Disney Mobile on docomoユーザーには、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーなど東京ディズニーリゾートと連動した特典が提供される予定で、第1弾は今春提供される見込みです。一部報道では、東京ディズニーリゾート内での「ディズニー・ファストパス」のようなものとされています。

DSC00169.jpg

先述の通り、P-05Dは、スマートフォンとしてもパナソニックモバイルのグローバルモデルをいち早く体験できるもので、機能面でも優れており、4.3インチAMOLEDディスプレイ(540×960ピクセル)、IPX5/IPX7の防水性能、IP5Xの防塵性能、Android 2.3、TI OMAP4430 1.0GHz、820万画素裏面照射型CMOSカメラを採用しています。

ディスプレイには防指紋コーティングを施したガラスを採用しているので、傷や指紋を気にすることなく利用することができます。

国内向けの機能としては、緊急速報「エリアメール(緊急地震速報のみ)」や、おサイフケータイにも対応しているので申し分ありません。

ようやくDisney Mobileがドコモで利用できるようになって、これまでMVNOキャリアへの変更がハードルだったユーザーは、ドコモ内ブランドのDisney Mobile on docomoの登場により、気軽にDisney Mobileに乗り換えることができるのではないでしょうか。

関連:
Disney Mobile on docomo, 限定特典に東京ディズニーリゾートの「ディズニー・ファストパス」を検討
Gadget: 「docomo with series Disney Mobile on docomo P-05D」
Column: Disney Mobileのポリシーを改めて尊重する
Gadget: "Disney MobileオリジナルプレミアムQUOカードセット"
Disney, 光の魔法ケータイ "DM003SH" を発表
Disney Mobile: "いっしょに入ろうキャンペーン" ご紹介について
Disney, シンデレラケータイ "DM002SH" を発表
Disney Mobile: 購入レポート&ファーストインプレッション
Disney Mobile: サービス開始直前まとめ
Disney Mobile, Hilary Duff起用のCMを放映開始(UPDATED)
Disney, Disney Mobileのブランドビジョンを公表
Disney, ミッキーケータイ "DM001SH" を発表
Disney, Disney MobileのHPを公開
Disney Mobile, 3月1日スタート
SoftBankとDisney, "Disney Mobile" を正式発表
Disney, 来春にも日本ケータイ事業新規参入へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。