Gadget: 「docomo with series Disney Mobile on docomo P-05D」

IMG_6764.jpg

NTTドコモが、3月22日より発売を開始したDisney Mobile on docomoブランド「docomo with series Disney Mobile on docomo P-05D」を購入しました。

Disney Mobileについては、ソフトバンクモバイルのMVNO「Disney Mobile on SoftBank(現)」サービス開始時より愛着があり、当ブログでもたびたび紹介してきました。

Disney Mobile on docomo P-05Dは、パナソニックモバイルコミュニケーションズのグローバル再参入モデルをベースにしており、国内向けの機能としては、緊急速報「エリアメール」や、おサイフケータイに対応しています。ワンセグと赤外線通信には非対応です。

4.3インチAMOLEDディスプレイ(540×960ピクセル)、IPX5/IPX7の防水性能、IP5Xの防塵性能、Android 2.3、TI OMAP4430 1.0GHzを採用しています。

IMG_6761.jpg

カメラに820万画素裏面照射型CMOSセンサーを搭載、ミッキーマーク、Disney Mobileロゴ、docomoロゴのほか、電池取り外し不可の端末のため、各種認証マークを印字しています。

物理ボタンは、右側面のパワーボタンとボリュームボタンのみのシンプルな構成ですが、ディスプレイ下部のタッチセンサーキーのうち、ミッキーマークがついているホームボタンをタッチホールドによるスリープ復帰にも対応しています。

IMG_6765.jpg

厚さ7.8mmの超薄型ボディです。背面の突起はカメラ部のみで、基本的に凹凸のないシンプルなデザインになっています。ラウンド形状なので、薄さで奪われがちなホールド感も維持しています。

この構成を見ても、やはりソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia NX」は、投入に時間を要した割にはサイズも機能も突出して優れている部分がないように感じます。

IMG_6771.jpg


IMG_6772.jpg

Disney Mobile on docomoの化粧箱および同梱物です。同梱物には、ウェルカムレター、2種類のディスニーデザインの着せ替えカバーが付属します。着せ替えカバーは、私が購入したホワイトモデルと、もう1つのブラックモデルでデザインが異なるものが同梱されています。

IMG_6775.jpg

同梱品で面白かったのが、上写真のmicroSDカードアダプタです。Disney Mobile on docomo P-05Dは構造上、miniUIMカードスロット、microUSB端子、イヤホン端子を除いて、インターフェイスが存在せず、電池パックも取り外し不可のデザインのため、microSDカードを利用するために外付けアダプタが用意されています。

microUSB端子を利用して本体に接続し、もう一方のUSBメス端子にmicroSDカードアダプタを装着して使用します。本体メモリが16GBあるので、基本的に必要ないと感じていますが、ユーザーの中にはコンテンツデータを移行するのに不可欠な場合もあるので、このような用意はありがたいかもです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。