Gadget: EMOBILE「Dell Streak Pro(GS01)」=AppComingキャンペーン

  • Day:2012.03.11 01:26
  • Cat:Gadget
DSC00028.jpg

イー・アクセスが、イー・モバイルブランドで8日から販売を開始したDELL製Androidスマートフォン「Dell Streak Pro(GS01)」を購入した。

今回、スマートフォン情報ポータルAppComingとテルルモバイル大岡山、テルルモバイル秋葉原2号店、徳島県のドコモショップ末広店の計3店舗で実施している「続・AppComing読者キャンペーン」により、新規一括19,800円(アシスト無し)で契約することができた。この価格は現時点での最安水準。

ちなみに、同キャンペーンは3月18日(日曜日)まで開催しており、NTTドコモのXiスマートフォン「Optimus LTE L-01D」がMNP一括2,800円(月々サポート計83,160円付)の案件など、大変お買い得なものが多いので、MNP転出やスマートフォン、タブレットを購入検討している場合は要チェックだ。

DSC00030.jpg

GS01は、Dell Streak Proというスマートフォンのイー・モバイル版だが、同ブランドのスマートフォンはSIMロックフリーのため、他キャリアのSIMでも利用できる。一方、同スペックのソフトバンクモバイル版「DELL Streak Pro 101DL」は、SIMロック版で、かつテザリング機能が殺されている。

Dell Streak Proの購入を検討しているなら、特段の事情が無い限り、イー・モバイル版を選ぶほうが料金的にも機能的にも電波的にも良いだろう。

DSC00032.jpg

Dell Streak Proは、ユーザーで電池パックを脱着できない仕様となっており、ディスプレイ部を除くボディにはシリコンラバーコーティングが施されている。SIMスロットやmicroSDカードスロットは右側面に搭載されている。

SIMカードには、イー・モバイルでは初めてmicroSIMタイプを採用しているため、SIMフリーとはいえ運用に注意が必要だ。

先日、キャンペーン当選して入手したIIJのLTEに対応したデータ通信サービス「IIJmio高速モバイル/Dサービス」で発行されるmicroSIMカードを使用して通信サービスを利用できることを確認した。

DSC00038.jpg

Dell Streak Proは、4.3インチQHD(960×540ピクセル)のSuperAMOLEDディスプレイ(Gorilla Glass)を採用している。ディスプレイ面にはハードウェアキーは搭載せず、ファンクションキーもタッチセンサータイプだ。

CPUには、Qualcomm MSM8260 1.5GHzデュアルコアプロセッサを搭載しており、操作はかなり快適だ。

DSC00048.jpg

ホーム画面は、イー・モバイルの標準仕様だ。テザリングサービスを利用することも可能だ。ファンクションキーの配列は、左から「戻る」「メニュー」「ホーム」「検索」の4つとなっている。国内スマートフォンやサムスン製、LG製では3つがほぼ標準仕様となっているが、DELLやHTC、Motorola製では4つのタイプも多い。

今回、「続・AppComing読者キャンペーン」により、イー・モバイルのDell Streak Proを格安で手に入れることができた。先述の通り、同キャンペーンでは、ドコモスマートフォンやドコモタブレットも安価で入手できるので、この機会にスマートフォンやタブレットを持ちたいユーザーは必見だ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。