Siri: パスコードをかけていても所有者情報にアクセスできる事象

  • Day:2012.03.08 15:42
  • Cat:iPhone
siriinfo.jpg

本日配布された「iOS 5.1」をインストールした「iPhone 4S」は、新たに音声アシスタント機能「Siri」が日本語による認識に対応しました。

Siriを「オン」にしているとき、ロック画面でホームボタンを長押ししてSiriを起動し「私は誰?」など、所有者情報を聞き出す質問をすると、Siriは、iPhoneの連絡帳に登録している所有者情報を引用します。

しかし、上記動作は、iPhoneにパスコードロックをかけている場合でも標準設定で所有者情報を引用できてしまうため、盗難紛失の際に悪用される恐れがあります。

この所有者情報へのアクセスを回避するためには、パスコードロックの設定から「Siriをオフ」にします。こうすることで、パスコードロックをかけたiPhoneのロック画面からSiriを起動できなくすることができます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。