Sony, LTE対応スマートフォン「SO-04D」早ければ6月発売=韓国報道

ソニーモバイルコミュニケーションズは、LTE対応スマートフォンを早ければ6月にも日本国内で発売します。韓国紙Money Todayが、同社グローバル戦略統括担当へのインタビューを元にした記事の中で言及しました。

既に、ソニーが国内で販売するLTE対応スマートフォンは「SO-04D」として、NTTドコモ向けに供給されることが明らかになっていますが、発売時期についての詳細が伝えられたのは初めてとなります。

Xi対応のSO-04Dは、コードネームを「Hayabusa」として知られており、2011年12月21日付けでTELECを「AAL-8880002-BV」として通過しています。

記事によると、担当者はインタビューにおいて、日本および韓国で投入するLTE対応スマートフォンは、先日発表されたLTE対応「Xperia ion」とは違うモデルと述べたとのことです。

また、ソニーの今後の携帯電話戦略については、スマートフォンだけに注力するとした上で、開発プラットフォームについて、現時点ではGoogleのAndroidに専念すると述べています。

関連:
Sony, NTTドコモ向けのXi対応スマートフォン「SO-04D」開発
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。