NTTドコモ, 「エリアメール」津波警報の発報に対応


NTTドコモは、緊急速報「エリアメール」において、気象庁が発表する「津波警報」の配信を2月24日(金曜日)から開始すると発表しました。

今回の津波警報対応により、気象庁が発表する津波警報(予想される津波の高さが高いところで3m程度以上となる場合に発表される津波警報(大津波)、および予想される津波の高さが高いところで2m程度となる場合に発表される津波警報(津波))を、津波警報の対象エリアの携帯電話やスマートフォン等に対しエリアメールで配信します。

なお、エリアメールを受信するために事前の申込みは不要で、対応機種のユーザーは無料で受信できます。905i/906i/705i/706iシリーズのエリアメール対象機種は事前にエリアメールの受信設定を行う必要があります。

同社は、昨年3月11日に発生した東日本大震災の教訓を活かし、災害時における重要エリアを中心とした安定的な通信の確保、被災エリアへの迅速な対応、ユーザーの更なる利便性向上に向けた「新たな災害対策」を2011年4月より策定、実行してきましたが、本日、一連の取り組みについて「概ね完了」したと発表しました。

今回の津波警報対応のほか、音声回線が混雑する災害時にパケット通信で安否等を音声メッセージで伝える「災害用音声お届けサービス」を、3月1日(木曜日)より提供します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。