iPhone: 中国で商標権を主張する企業が出現=共同通信

  • Day:2012.02.21 07:40
  • Cat:iPhone
共同通信は、中国の新華社電によると、浙江省義烏市にあるランプや懐中電灯の販売企業が、Appleの「iPhone」の商標権を主張していると報じました。

報道では、Appleが中国で「iPhone」を商標登録していなかったため、2010年に商品名として登録を申請したようだと伝えています。

また、日本経済新聞は、中国の商標法では「有名ブランド」は登録していなくても保護の対象とされており、Appleは申請撤回を要求していると報じています。

Appleの要求について中国企業側は「2010年時点でiPhoneは有名ブランドとは言えなかった」と反論、中国当局は17日、商標権所有を裏付ける補強証拠の提出を中国企業側に求めました。

中国の専門家は「Appleのブランド保護戦略に欠陥があった」と指摘しています。

関連:
iPad: 中国地裁判決、商標権侵害を認め販売停止命令
iPad: 中国で商標権侵害主張の企業が輸出入差止請求/販売店はiPad排除の方向
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。