Amazon, 4月にも日本国内で「Kindle」発売/ドコモ回線を調達=日本経済新聞

KW-slate.jpg

Amazon.comは、日本国内で4月にも同社の電子書籍リーダー「Kindle」を発売します。日本経済新聞が、11日付の朝刊で報じました。

同社は、Kindleの3Gネットワークに、国内最大手の移動体通信キャリアであるNTTドコモの回線を調達しました。Kindleは、ドコモの3G回線のほか、Wi-Fiでの通信にも対応しており、ユーザーは場所を選ばずに書籍をダウンロードしたり、インターネットを利用出来ます。

また、海外同様に、3Gネットワークであるドコモ回線を使用しても別途の利用料等はかからない方式を採用しています。

国内向けのフラグシップモデルは、すでに米国で発売されている「Kindle touch」になる見込みで、Amazon.co.jpを通じて販売します。

報道によると、同社は、一部の出版社と大筋で合意しており、4月には講談社などの複数の出版社が電子書籍の共同管理会社「出版デジタル機構(仮称)」を設立するため、Amazonはコンテンツの確保に向けて同社と一括交渉します。

関連:
Amazon, 年内に電子書籍事業で日本市場参入=日本経済新聞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。