iPhone 4S: SoftBank版とKDDI版の設定項目の違い

  • Day:2011.10.14 19:17
  • Cat:iPhone
本日、ソフトバンクモバイルとKDDIが、それぞれAppleの「iPhone 4S」を発売しました。iPhoneが国内において複数のキャリアから販売されるのは今回が初めてなので、それぞれのキャリアのiPhoneの設定項目の違いを調べてみました。

左上のキャリア名でも判別できますが、左がソフトバンク版、右がKDDI版のiPhone 4Sです。

写真 1iphone 4s 写真 2iphoneau

まず、設定を開いてみます。ソフトバンク版には「キャリア」という項目がありますが、KDDI版にはありません。これは、KDDI版がROMをiPhoneに書き込む方式を採用していて、それによりCDMA専用になるためと思われます。

写真 5iphone4s 写真 4iphoneau

次にiOS 5から「通知」に追加された緊急地震速報です。恐らくソフトバンクとKDDIでは緊急地震速報の方式が違い、前者がCBSで、後者がBCSMSだと思います。

KDDIは、公開した「よくあるお問い合わせ」に、「auのiPhone 4Sでの緊急地震速報は、バッテリーの消費を抑える特別な仕組みが入っておりますので、バッテリーを気にせずご利用いただけます」と記載しており、方式の違いを示唆していますが、表示上はソフトバンクと同様にバッテリーのもち時間に関する注意が記されています。

写真 2iphone4s 写真 5iphoneau

「一般」の表示項目は同様です。iPhone 4Sで利用出来る「Siri」もここに含まれています。

写真 3iphone4s 写真 1auau

「情報」では、いずれのキャリアでもiOSのバージョンが同様であることが確認出来ます。また、キャリアアップデートは、ソフトバンクで「11.0」となっています。KDDIは、購入直後は「11.0」でしたが、iTunesに同期する際にアップデートが通知され「11.1」になりました。

写真 4iphone4s 写真 2auau

「メッセージ」は、キャリアでかなりの違いがあります。ソフトバンク版は「iMessage」の設定など詳細を設定出来ますが、KDDI版ではメッセージの文字数を表示するか否かの選択しか用意されていません。

KDDIは、iMessageについて今後アップデートで対応する方針を明らかにしています。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。