NTTドコモ, スマートフォンを「NEXT series」「with series」に再編

NTTドコモは、18日に発表するドコモスマートフォンを「docomo NEXT series」と「docomo with series」に分類し、15機種程度をラインアップします。

まず、CEATEC JAPANでも参考展示されたXi対応スマートフォン「ARROWS X LTE F-05D(富士通製)」「MEDIAS LTE N-04D(NECカシオ製)」「GALAXY S II LTE SC-03D(サムスン電子製)」「Optimus LTE L-01D(LG電子製)」4モデルが正式に発表されます。

また、「AQUOS PHONE SH-01D(シャープ製)」「AQUOS PHONE slider SH-02D(シャープ製)」では、後者においてスライド式テンキーを搭載、Qiによる無線充電に対応しています。「Q-pot.Phone SH-04D(シャープ製)」は、人気のコラボで台数限定展開し、こちらもQiによる無線充電に対応しています。

「ARROWS Kiss F-03D(富士通製)」「ARROWS μ F-07D(富士通製)」では、後者で、薄さ6.9mmの超薄型スマートフォンとなります。また、「REGZA Phone T-01D(富士通東芝製)」は、指紋認証やQiによる無線充電に対応しています。

「MEDIAS PP N-01D(NECカシオ製)」は、Qiによる無線充電に対応したエントリーモデルです。

「P-01D(パナソニックモバイル製)」「LUMIX Phone P-02D(パナソニックモバイル製)」では、後者において、LUMIXを冠するデジカメスマートフォンとなります。

その他、「BlackBerry Bold 9900(RIM製)」は、かなり前から認証を通過していましたが、ようやく発表、発売されます。

9月にXi対応のドコモタブレットが発表されましたが、今回は追加で、FOMA対応の「GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D(サムスン製)」が発表されます。

2011年冬~2012年春モデルから、ドコモはフィーチャーフォンラインアップの「PRIME series」と「PRO series」を廃止することが伝えられていましたが、報道の通り、発表が予定されている全てのモデル8機種で「STYLE series」となります。

関連:
NTTドコモ, 冬春モデル新商品・新サービス発表会を10月18日(火曜日)開催
NTTドコモ, 冬春モデルのフィーチャーフォン「STYLE」「らくらくホン」シリーズに絞る
LG, NTTドコモ向けXi対応Androidスマートフォン「L-01D」を開発
NTTドコモ, スマートフォンでも「iモード」利用可能へー日本経済新聞
シャープ, NTTドコモ向けにAndroidスマートフォン「SH-01D」「SH-02D」開発
NTTドコモ, 年末発売のXiスマートフォンはハイエンドモデル4機種
Sony Ericsson, NTTドコモ向け「SO-02D」はHDディスプレイ搭載
NTTドコモ, 冬モデルから「PRIME series」を廃止へー日本経済新聞
Samsung, NTTドコモ向けのXi対応スマートフォン「SC-03C」を開発

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。