Rumor: iPhoneラインアップ、デザインが同じ「iPhone 4S」と「iPhone 4」に?=Daring Fireball

  • Day:2011.10.01 10:37
  • Cat:iPhone
Daring Fireballのジョン・グルーバー氏が、Appleの新しい「iPhone」について見解を示しています。一部抜粋の上、訳しました。

私は、新しいiPhoneのデザインを知らないし、新しいiPhoneが1モデルなのかかさえ分からない。唯一知っていることは、数ヶ月前に「N94」と呼ばれるiPhone 4によく似たデザインでA5チップを搭載したプロトタイプがあったということだ。

現在、以下のような2つの噂があり、一般的に前者が「iPhone 4S」後者が「iPhone 5」と呼ばれている。

・iPhone 4と同じデザイン
・MacBook Airのようなティアドロップデザイン

Appleが、iPhone 4Sを発表すれば皆は失望し、iPhone 5を発表すれば歓喜するだろう。だが、これは単に外見に基づく話だ。

確かに、新しいデザインというのは、より多くの「新しさ」として認識されるが、劇的に改善されたコンポーネントを採用する「iPhone 4S」を期待はずれだと言えようか。iPhone 4は、Appleがこれまで創った製品の中でも一番の人気なのだ。

アジアからのレポートで、iPhone 4のようなデザインで現行モデルとは違うコンポーネントが数多くリークされている。これは、AppleがiPhone 4のデザインと同じ新しいiPhoneを発表する準備が整っている証拠だ。

以上から、ラインアップは、A5搭載のiPhone 4S(64GB/32GB/16GB)と、A4搭載のiPhone 4(8GB)になることが一番シンプルに予想できる。

ちなみに、新しいフォームファクターを裏付けるコンポーネントは見つかっていない。

一方、新しいフォームファクターとして噂されているティアドロップデザインの「iPhone 5」について、私にはこのデザインが不適切に見える。このデザインだと水平に持つとき不安定で、ディスプレイ面のデザインも「額」より「アゴ」が狭いのは不格好だ。

これまでのiPhoneは、すべて「額」と「アゴ」が同じ広さだった。左右対称がAppleのiOSデバイスの特徴だ。(ついでに大きなディスプレイについて言及すると、同じ解像度でディスプレイを4インチに拡大する場合、ppiが下がり、Retinaディスプレイと言えなくなる。Appleは「モノ」を大きくするのではなく小さくする傾向がある。)

どんな状態で持っても常にバランスが保たれる、それがこれまでの全てのiOSデバイスの真実と言える。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。