Steve Jobs: 2010年7月、特許紛争解決のためSamsungに接触を開始=Bloomberg

  • Day:2011.09.29 22:02
  • Cat:iPhone
Bloombergは、Appleで特許問題を扱う主任法律顧問のRichard Lutton弁護士の証言によると、現地時間29日にオーストラリア連邦裁判所で開かれたサムスン電子「Galaxy Tab 10.1」の販売差し止めをめぐる法廷において、2010年7月、当時のSteve Jobs CEOが、サムスンとの特許紛争を解決するため同社に接触を開始していたことが明らかになったと報じています。

同弁護士によると、会談は秘密裏に行われたようですが、Jobs氏は特許紛争が法廷に場を移した際に交渉から退いたとのことです。

Richard Lutton弁護士は、サムスン側のDavid Catterns弁護士の質疑に対して「サムスンは、我々にとって深い関係のある重要な供給元である」と証言したうえで、「我々は、サムスンに更生の機会を与えたかった」と述べました。

Annabelle Bennett連邦裁判事は、審理について「可能な限り速やかにすすめ、来週にも判決を下せるように望んでいる」との見方を示しました。

関連:
Samsung, 特許をめぐるAppleへの対応「これからは攻撃的」=日本経済新聞
Samsung, 「iPhone 5」でAppleに法的措置検討=ロイター
Samsung, 「iPhone 5」発売直後に販売差し止めを求める特許侵害訴訟を計画

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。