東芝・ソニー・日立, 中小型液晶の新会社「ジャパンディスプレイ」設立で基本合意

  • Day:2011.08.31 19:02
  • Cat:iPhone
株式会社産業革新機構(INCJ)、ソニー株式会社、株式会社東芝、および株式会社日立製作所が、INCJを中心として設立及び運営される新会社の下、ソニー、東芝、および日立の子会社等の中小型ディスプレイ事業を統合することで基本合意したと発表しました。

新会社は、株式会社ジャパンディスプレイとして、中小型ディスプレイ事業を行うソニー、東芝及び日立それぞれの子会社、ソニーモバイルディスプレイ株式会社、東芝モバイルディスプレイ株式会社、株式会社日立ディスプレイズの全ての発行済株式等が譲渡され、INCJを割当先とする第三者割当増資により、2,000億円が投入されます。

ジャパンディスプレイの議決権付株式は、最終的にはINCJが70%、ソニー、東芝及び日立がそれぞれ10%ずつ保有する予定としています。

以下、事業統合に関するコメントを引用します。

株式会社 産業革新機構 代表取締役社長 能見 公一氏

本件は、オープンイノベーションの精神の下、次世代の国富を担う産業創出のためにグローバルに長期的かつインパクトのある投資を行うという産業革新機構のミッションを象徴する案件です。新会社は中小型ディスプレイのリーディングカンパニーとして、世界最高水準の技術力を結集し、顧客利便性の高い製品を開発していくことで、成長市場において確固たる地位を確立していきます。

ソニー株式会社 代表執行役 会長 兼 社長 CEO ハワード・ストリンガー氏

今回の新会社設立は、中小型ディスプレイ市場において、各社の持つ豊富な技術やノウハウを融合することでさらなる技術革新とそれに伴う新たな成長をもたらす原動力になると確信します。これにより、スマートフォンやタブレットなどの成長市場において、お客様にさらに満足していただける価値あるディスプレイデバイスの供給を目指すことを期待しています。

株式会社 東芝 代表執行役社長 佐々木 則夫氏

今回、3社の中小型液晶ディスプレイ事業を統合し、競争力を備えた最先端技術を結集するとともに、産業革新機構の成長資金を活用することによって、新会社としての競争力を一層強化できるものと考えております。今後、新会社がグローバルに飛躍するリーディングカンパニーを目指していく中で、東芝としても新会社を支援していきます。

株式会社日立製作所 執行役社長 中西 宏明氏

3社の技術や経験、資源を統合して誕生する新会社には、世界最先端のディスプレイ技術を開発し、お客様に新たな価値を提供する製品を生み出し続けていくための十分な力があります。新会社が日本発のグローバルリーディングカンパニーとして、世界を驚かせるイノベーションを実現し、激しい競争に勝ち抜いていくことを確信しています。


関連:
東芝・ソニー・日立, 中小型液晶の新会社で大筋合意/明日発表
Apple, シャープ亀山工場に10億ドル投資の可能性ーReuter
日立, 東芝・ソニー液晶統合に合流へ/世界シェア21%超ー日本経済新聞
日立DP, Foxconn(鴻海)とApple向けディスプレイで提携へ/東芝・シャープ対抗
東芝・ソニー, スマートフォン向け液晶統合/年内に新会社ー日本経済新聞
シャープ, Appleから「iPad」向け高精細パネルを受注/亀山工場を中小型パネル用に転換へ
シャープ, 2012年発売の「iPhone 6」向けに液晶供給ー日刊工業新聞/先報道に謝罪
Apple, 「iPhone」向け液晶を東芝に絞るー日刊工業新聞/シャープは抗議声明
Rumor: Apple、LCDで東芝・シャープなどに約3,200億円投資?
東芝・シャープ, Apple向けに有機ELディスプレイを生産へー日刊工業新聞
Rumor: Apple、裸眼3D液晶ディスプレイ製品を市場投入?ーMACお宝鑑定団
日立DP, Foxconn(鴻海)とApple向けディスプレイで提携へ/東芝・シャープ対抗
シャープ, Apple向け液晶パネル生産ラインを亀山に新設/Appleが投資額1,000億円の多くを負担
東芝, 石川県にスマートフォン用液晶新工場を建設へ/Appleも投資額一部負担

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。