シャープ, NTTドコモ向けにAndroidスマートフォン「SH-01D」「SH-02D」開発

シャープは、NTTドコモの秋冬モデル向けにAndroidスマートフォン「SH-01D」「SH-02D」をそれぞれ開発しています。juggly.cnが伝えました。

「SH-01D」は、現行「AQUOS PHONE SH-12C」の後継で、3D対応4.5インチ(720p)ディスプレイ搭載、デュアルコアプロセッサ採用のハイエンドモデルになるようです。

また、「SH-02D」は、KDDI向けに販売されているテンキー搭載の「AQUOS PHONE IS11SH」をベースに、防水対応モデルとなるようです。

ただし、ドコモが発売する「Xi」対応スマートフォン4機種のうち、国内メーカーは富士通とNECカシオであることが明らかになっていることから、上記モデルはXiには非対応となります。

関連:
NTTドコモ, 年末発売のXiスマートフォンはハイエンドモデル4機種

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。