NTTドコモ, 年末発売のXiスマートフォンはハイエンドモデル4機種

NTTドコモは、2011秋冬モデルに投入するスマートフォンにおいて、Xiに対応するモデルを複数用意します。同社の山田隆持社長は7月、Xi対応モデルとして、スマートフォン4機種、タブレット型端末2機種を発売することを明らかにしています。

その後、ドコモが冬に発売するXi対応スマートフォンは、富士通製、LG電子製、NECカシオ製、サムスン電子製の4機種になることが分かりました。

今回、そのいずれのモデルもハイエンドモデルであることが明らかになりました。移動体通信(スマートフォン)に詳しいjuggly.cnによると、富士通、LG、NECカシオのモデルで、いずれもディスプレイ解像度がHD(720p)に対応し、全てのモデルで4.3インチ以上のディスプレイサイズを実現しているとのことです。

富士通のF-05Dおよび、NECカシオのXiスマートフォンは、いずれも4.3インチ(720p)で、microSIMカード(ドコモminiUIM)を採用するようです。また、SamsungのSC-03Dおよび、LGのXiスマートフォンは、4.5インチディスプレイ(LGはHD対応)で、後者はおサイフケータイを含めた日本向け機能に対応するそうです。Xi対応スマートフォンは、11月末から12月にかけて発売されるとしています。

その他、同ウェブサイトは、富士通が、6mm台のウルトラスリムスマートフォンを開発しており、実現すれば現在世界最薄スマートフォンの「MEDIAS N-04C」よりも薄くなると伝えています。発売時期は2012年1月とのことです。


関連:
NTTドコモ, 今年度中に「Xi」対応スマートフォンを6機種投入へ

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。