SoftBank, 関西の通信障害をめぐる業務委託先元社員の逮捕について発表

ソフトバンクモバイルが、2011年5月25日(水曜日)に発生した関西地域(大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県)における通信障害について、7月8日(金曜日)、同社業務委託先の元社員が、監視および制御を行うサーバーを経由して基地局とネットワークセンターを結ぶためのATM伝送装置の回線設定データを改ざんし、約7万2700人のユーザーに通信障害を発生させた容疑(電子計算機損壊等業務妨害容疑)で逮捕されたことを明らかにしました。

同社によると、当該障害は、事故発生時間の直前に、当社ネットワークセンターに設置されているATM伝送装置を監視制御するサーバーを操作する制御用端末より、各ATM伝送装置に対して設定情報を改ざんするデータが送信されていることが原因で、同プログラムが入力されたのは2011年3月8日~9日で、5月25日にプログラムが作動するよう設定されていたとのことです。

同社は、監視カメラの設置台数を現在の252台から1,170台まで増設するなどの再発防止策を発表しています。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。