NTTドコモ, 株主総会で「iPhoneを発売する予定はない」と明言

NTTドコモの辻村清行代表取締役副社長は、本日開催された第20回定時株主総会の質疑応答において、AppleのiPhoneやiPadについての質問に対し、「世界的に売れており、ユーザーインターフェイスに優れた端末だと認識している」と前置きしつつ「NTTドコモは、iPhoneを発売する予定はない」と明言しました。

その上で、理由について以下のようにコメントしました。

ドコモには、約5000万人のiモード利用者がいるが、おサイフケータイ、iチャネル、iコンシェルといった機能をスマートフォンでも利用したいというユーザーが多い。ドコモにとって、いかにこれを広げていくかが大事である。しかしアップルの場合は、この機能を加えることができない。一方で、Androidを搭載したスマートフォンは、既存のiモードサービスを乗せることができる。5000万人のiモードユーザーが、気持ちよくスマートフォンを使っていただくために、ドコモはAndroidをベースにやっていく。

これまでより踏み込んだ発言のため、話題となっています。

参考:
NTTドコモ、株主総会で「iPhoneの発売はない」と断言(ケータイWatch)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。