NTTドコモ, Sony Ericsson製Androidスマートフォン「SO-03C」を開発

NTTドコモは、ソニー・エリクソン製Androidスマートフォン「SO-03C」を開発しており、今秋にも市場投入する見込みです。本日の夏モデル発表会では公表されませんでした。

同モデルは、Xperiaシリーズで「Urushi」のコードネームが付けられています。これまでの国内向けXperiaが、「Xperia SO-01B」で4インチディスプレイ、「Xperia arc SO-01C」および「Xperia acro SO-02C」で4.2インチディスプレイであったのに対して、開発中のSO-03Cは、3.3インチディスプレイを採用するなど、コンパクトなスマートフォンとして位置づけられます。

同社は、その他にも未発表モデルとして、RIM製「BlackBerry Torch 9800」や「Xi」対応の富士通東芝製タブレット端末を開発しています。また、Xi対応のスマートフォンも2011年中にラインアップします。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。