東急ハンズ, フォーカル「mophie Marketplace for iPhone 4」利用の法人向けクレジットカード決済ソリューションを直営カフェに導入


株式会社東急ハンズは、4月19日(火曜日)にオープンした東急ハンズ梅田店内の飲食店「HANDS CAFE」に、クレジットカード大手の三菱UFJニコス株式会社が開発した、スマートフォンをカードの決済端末に転用するシステムを利用可能で、フォーカルポイントコンピュータ株式会社が輸入販売する「mophie Marketplace for iPhone 4」を導入しました。

「ペイメント・マイスター」は、株式会社フライトシステムコンサルティングが三菱UFJニコスの協力を得て開発し、2010年9月30日より販売を開始した日本初のiPhoneを活用した法人向けクレジットカード決済ソリューションで、国内の小売業では東急ハンズの梅田店が初の導入となります。

日本経済新聞19日付朝刊によると、三菱UFJニコスは、今後3年間で小売店や飲食店などに3万台の導入を目指します。従来のカード決済は専用端末で行う以外方法がありませんでしたが、「Marketplace」を使うことにより、専用端末の導入費用を抑えられるほか、在庫管理など、iPhoneの他の機能と連携させる利用方法も期待できます。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。