NTTドコモ, 4月に予定していた夏モデル発表会を延期

NTTドコモは、東日本大震災の影響により、4月中旬に予定していた夏モデル発表会を延期する方針を固めました。日本経済新聞が、29日付の朝刊で報じました。

同社は、来月中旬に最新のAndroidスマートフォンなどを含めた夏モデル約20モデルを発表する見込みでしたが、震災後に東北地方で基地局の不通などが続いていることから、発表会を5月以降に延期します。

今後発売される見込みのドコモの携帯電話のうち、その多くがスマートフォンで、昨日の記事に書いたように、シャープの「SH-12C」など数機種、NECカシオの防水対応「MEDIAS」、パナソニックモバイルの「P-07C」、LG電子の「Optimus Black L-07C」は全てAndroidスマートフォンであり、富士通東芝も複数用意しています。

また、Research In Motionの「BlackBerry」スマートフォンも複数発売する予定です。

先日、Xperia arcを発売したソニー・エリクソンも、おサイフケータイや赤外線通信、ワンセグなど日本向け特化モデル「Xperia acro SO-02C」を6月までに発売予定です。

今回の発表会の延期が、製品発売時期に影響するかは不明です。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。