NTTドコモ, 夏モデルとしてAndroidスマートフォン「P-07C」「SH-12C」などを投入へ

NTTドコモが、夏モデルとして「P-07C」および「SH-12C」など複数のAndroidスマートフォンの投入を準備していることが明らかになりました。いずれも技術基準適合証明又は工事設計認証の開示によって確認されました。

シャープは、ドコモ向けに「SH-12C」を開発しているほか、他のスマートフォンも用意しています。NECカシオは、防水に対応する「MEDIAS」ブランドのAndroidスマートフォンを、ソニー・エリクソンは、日本向け特化モデル「Xperia acro SO-02C」を今夏にも発売します。

パナソニックモバイルは、Androidスマートフォン「P-07C」を、LG電子は「Optimus Black L-07C」を投入予定です。その他、Research In Motion製の「BlackBerry」スマートフォンを複数発売する見込みです。

情報によると、富士通東芝もAndroidスマートフォンを複数投入する予定で、そのうちの1つは、とても斬新な「スマートフォン」であると聞いています。

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。