Report: 「Xperia arc SO-01C」タッチ&トライイベント(製品説明篇)


NTTドコモが、3月24日(木曜日)に発売予定のソニー・エリクソン製Androidスマートフォン「Xperia arc SO-01C」のタッチ&トライイベント(主催: ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社、運営: アジャイルメディア・ネットワーク株式会社)に参加しました。

タッチ&トライイベントは、ソニービル(銀座)8F「OPUS」で開催されました。3月1日(火曜日)から一般向けにも先行展示が開始されます。

この記事では、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ営業本部マーケティング部の清水俊明氏による「Xperia arc SO-01C」製品プレゼンテーションをレポートします。

なお、スライドの素材による反射で多少見づらい点、ご了承下さい。

IMG_0770xp.jpg

同氏はXperia arcの特徴として、デザイン、ディスプレイ、カメラ、コネクティビティ、ユーザビリティを挙げました。まずはデザインから。本体カラーは3色展開で、Misty Silver、Midnight Blue、Sakura Pinkをラインアップし、デザインはその名の通り弧を描くアークデザインです。

IMG_0741xp.jpg

Sakura Pinkは、ビビッドなピンクで、春に向けて女性に好まれそうなカラー。

IMG_0743xp.jpg

4.2インチ(480×854ピクセル)、1677万7216色表示のTFT液晶を搭載。

IMG_0744xp.jpg

モバイルブラビアエンジンをディスプレイの表現力向上に活用。

IMG_0745xp.jpg

IMG_0746xp.jpg

カメラ機能では「Exmor R for mobile」ソニーの裏面照射型CMOSセンサを採用。

IMG_0747xp.jpg

IMG_0748xp.jpg

「Xperia SO-01B」との比較で、かなり速い撮影能力でした。

IMG_0749xp.jpg

IMG_0751xp.jpg

コネクティビティについて。後ほどムービーで紹介しますが、HDMIによるブラビアとの連携は魅力的です。

IMG_0752xp.jpg

Xperia arcは、日本初のAndroid 2.3搭載スマートフォン。

IMG_0753xp.jpg

CPUには1GHzのSnapdoragon「MSM 8255」を採用し、今夏にも開始するドコモの下り14Mbpsにも対応。

IMG_0754xp.jpg

IMG_0756xp.jpg

IMG_0757xp.jpg

IMG_0759xp.jpg

IMG_0760xp.jpg

IMG_0761xp.jpg

IMG_0762xp.jpg

IMG_0763xp.jpg

IMG_0764xp.jpg

IMG_0765xp.jpg

次の記事では、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ Head of Content & Media Creation in Services & Marketplace Focal area DirectorのMinshik Roh氏によるオリジナルコンテンツについてのプレゼンをご紹介します。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。