KDDI・SoftBank, モバイルNFCの日韓共同実証実験を開始

  • Day:2011.02.09 15:42
  • Cat:au
KDDI、ソフトバンクモバイル、クレディセゾン、オリエントコーポレーション、大日本印刷(DNP)、凸版印刷およびT-Engineフォーラムの7社は、日本・韓国で利用可能なモバイルNFC対応サービスの共同実証実験を2011年2月より順次開始すると発表しました。

電子マネーサービスでは、「MasterCard PayPass」をUSIMカードに格納した携帯電話を、会計時にレジなどでかざし、電子決済が可能となるサービスを、日本では千葉県や神奈川県のショッピングモールなど約300店舗において、韓国ではソウルや釜山のコンビニなど約25,000箇所で実証実験します。

また、韓国の「T-Cashアプリ」をUSIMカードに格納した携帯電話を、会計時にレジにかざしたり、改札通過時に乗車券として利用することで電子決済が可能となるサービスを、韓国においてソウル市内の鉄道(一部を除く)、バス、タクシー、コンビニなどで実証実験します。

さらに、スマートポスター・サービスでは、携帯電話がリーダライタになり、NFCタグが埋め込まれたポスターや地図にかざすだけでタグを読み取り、簡単に情報を取得することが可能になるサービスを、日本では、東京都のDNP五反田ショールーム(ソリューションスクエア)、印刷博物館(トッパン小石川ビルB1F)、銀座の街路灯約110箇所において、韓国では、ソウル市内のCOEXや飲食店などで約150箇所において実証実験します。

関連:
KDDI・SoftBank, 韓国SK TelecomとNFCサービスで覚書締結

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。