Report: パーソナルクラウド「Pogoplug」(イベント篇)

  • Day:2011.02.03 13:47
  • Cat:Gadget
IMG_0051pogo.jpg

昨日、米国クラウドエンジンズおよびソフトバンクBBが、パーソナルクラウドサービス「Pogoplug」の国内展開の発表会を開催し、その後にイベント(クラウドエンジンズ社主催)が開催されました。

「Pogoplug」の基本情報は、ウェブサイトプレスリリース当ブログの記事をご参照頂くとして、今回は、イベントの模様をレポートします。

写真の長身のイケメンさんは、クラウドエンジンズ社の最高経営責任者(CEO)であるダニエル・プッターマン氏で、今回のプレゼンを担当されました。

IMG_0054pogo.jpg

まず、同氏は「Pogoplug」誕生の秘話を語りました。もともとクラウドエンジンズ社は草の根的な企業で設立し、Pogoplugのファーストモデルはとても素っ気ないものだったようです。「初めてのプレスカンファレンスにおいての一番目の戦略は、大手メディアの人を捕まえて話を聞いてもらうということだったものの、なかなか相手にしてくれなかった。」

同氏は、次の戦略としてブロガーと語り合うという手段を選択したと述べ「製品について何時間にも及ぶトークをした」としました。「その後、Pogoplugの評判は高まり、今では2500万米ドルの投資を受け、1万ものリテールストアにおいて取り扱ってもらっている」と述べました。

スライドにはGoogleマップが表示され、サンフランシスコの本社に「A」のピンが刺さっています。同氏は「Pogoplugはここで生まれた」としたあと「もう一つのピンBの場所でアイデアが生まれたんだ」と語り出しました。

IMG_0055pogo.jpg

そのピンは「Apple Store, Stanford」で、「最初にiPhoneを買ったとき、ストレージは8GBだった。iPhoneで1TBを使いたいと思ったのがきっかけだ」とPogoplugのアイデアのオリジンを紹介しました。

IMG_0057pogo.jpg

従来のクラウドサービスとPogoplugの違いとして、データがそれぞれのサービスのサーバーに保管され、月額の利用料がかかったり、セキュリティが問題になったり、そもそもデータの転送速度が遅いなどの不満点が指摘されているとしました。

IMG_0058pogo.jpg

当ブログにおいても既にセッティング篇のレビューでお伝えした通り、Pogoplugでは、本体を購入後は、自宅のEthernetケーブルとストレージを接続するだけで、無制限にパーソナルクラウドを構築することが出来ます。同氏は「90秒で出来ることをアピールするために、メディアの方に試用版を送付するときは電子レンジで作るポップコーンと一緒に届けてもらった」といったエピソードを披露しました。

私が個人的に注目しているのは、iPhoneやiPad、Androidスマートフォンなどの主要プラットフォームにおいて既にアプリケーションがリリースされており、簡単にパーソナルクラウドに接続できる点です。Palmまでサポートしているのは興味深いです。

以下、質疑応答で登場したQ&Aを抜粋します。

Q: 「Pogoplug」のPは大文字か?
A: 製品名は大文字でお願いします。

Q: 通信手段は?
A: 自宅にいる場合、ホームPC←→PogoplugはP2Pだ。外出先からパーソナルクラウドにアクセスする場合は、ウェブブラウザ経由で、セキュリティ上、Pogoplugの独自言語に変換してアクセスすることになる。

Q: クラウド印刷で対応しているプリンタは?
A: クラウド印刷は、ユニークな独自ソリューションを採用しており、プリンタドライバの格納場はPogoplugではなく、クラウドエンジンズ社のサーバーにある。したがって、現時点では、エプソン社、HP社の全てのプリンタに対応しており、1月に1社の勢いで対応していく予定だ。キヤノンのプリンタにも近い将来に対応することを約束する。

Q: バックアップ機能は2つのPogoplug間のストレージでないと対応しないのか?
A: アクティブコピー機能で、1台のPogoplugに接続された2つのストレージ間でも、リモートの2台間でも継続的なバックアップが可能だ。

Q: Pogoplugのホスティング先のサーバーはどこにあるのか?
A: クラウドエンジンズ社ののホスティングサーバーは今週から日本にある。日本においてはソフトバンク社がパートナーだ。

Q: 対応するビデオフォーマットは?
A: 現在、全てのビデオはH.264でデフォルトサイズ、平均帯域でアップされる。間もなく、UIをアップデートをして、クオリティの調整にも対応予定だ。インプットもQuickTimeでサポートされているものでは殆ど対応する。

Q: 米国で発売されているWi-Fiモデルの発売予定は?
A: 日本市場に適したものを投入して行く予定で、可能性はある。しかし、Wi-Fiは転送速度が遅い。現在、ドングルタイプのWi-Fi対応を米国で展開しており、それが将来日本で発売されれば、当然、既製品もWi-Fi対応となる。

Q: ピンクの発売は?
A: 日本ではピンクのほうが良いという意見が多いように思う。発売したほうが良いと判断したら(発売するかも)。ホワイトモデルが欲しいだって?分かったよ。(やりましょう?)

IMG_5667.jpg

最後に、Pogoplugの可愛いTシャツを頂きました。いやー、良くわかっていらっしゃる!

当ブログでも、今後、Pogoplugの使用感などをレビューしていく予定です。

関連:
Review: パーソナルクラウド「Pogoplug」(セッティング篇)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。