NTTドコモ, 「パケ・ホーダイ フラット」「パケ・ホーダイ ダブル2」発表

NTTドコモが、スマートフォンやタブレット端末など、リッチなコンテンツを利用のユーザーに適した新たなパケット定額サービスおよびデータ通信専用の定額料金プラン「パケ・ホーダイ フラット」「パケ・ホーダイ ダブル2」を2011年3月15日(火曜日)より提供開始すると発表しました。

「パケ・ホーダイ フラット」は、フラット型のパケット定額サービスで、スマートフォンで継続的なパケット通信を利用しているユーザー向けに、定額料が従来の「パケ・ホーダイ ダブル」に比べ525円割安な5,460円に設定されています。

「パケ・ホーダイ ダブル2」は、段階型のパケット定額サービスで、「パケ・ホーダイ フラット」と比較して定額料の下限を2,100円に設定しています。従来の「パケ・ホーダイ ダブル」に比べて下限が値上げされている一方で、重量課金部分のパケット通信料が割安になっています。

「パケ・ホーダイ フラット」および「パケ・ホーダイ ダブル2」は、先日発表された「応援学割」の対象となり、「応援学割」を申込んだユーザーは最大3年間、スマートフォン定額通信の上限額が525円割引されます。

同社は、データ通信専用の新たな定額料金プラン「定額データプラン フラット バリュー」および「定額データプラン スタンダード2 バリュー」を併せて発表しました。フラット型では、従来の「定額データプラン スタンダード バリュー」(割引後)の上限額5,985円に比べ割安の定額料5,460円が設定されています。

その他、機種ごとに設定した一定額を毎月の利用料金から割り引くサービス「月々サポート」を、T1100、F1100、HT-01A、HT-02A、BlackBerry Bold、T-01A、HT-03A、SC-01B、Xperia、dynapocket T-01B、LYNX SH-10B、BlackBerry Bold 9700、GALAXY S、GALAXY Tab、BlackBerry Curve 9300、LINX 3D SH-03C、REGZA Phone T-01C、ブックリーダー SH-07C、および今後発売されるスマートフォンで提供すると案内しています。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。