NTTドコモ, 韓国KT・中国移動通信と業務提携(OFFICIAL)

NTTドコモは、韓国最大手の通信キャリアKTおよび、中国最大手の通信キャリア中国移動通信(チャイナ・モバイル)と携帯電話事業で業務提携を締結したと発表しました。日本経済新聞が、18日付で報じました。

ドコモ、KT、チャイナ・モバイルの3社は、スマートフォン向けのサービスや次世代通信規格「LTE」のインフラ技術で協力します。ローミングの利便性の向上のほか、多国籍企業への携帯電話の法人販売において、営業面での協力関係を築きます。

ドコモとKTF(KTの前身)は2005年に包括的業務・資本提携をしており、2008年にAndroidスマートフォンの開発で連携しています。また、同年5月に、LG電子製「FOMA L706ie(Wine Phone)」を共同調達しています。

なお、KTは、Appleの「iPhone」を2009年から販売しています。

OFFICIAL:
NTTドコモは、19日、中国の通信事業者China Mobile Communication Corporation(チャイナ・モバイル)、韓国の通信事業者KT Corporation(KT)と、3社による事業協力関係の構築に合意し、2011年1月18日に当該協力に関する契約を締結したと発表しました。

関連:
ドコモ, 来年にも「Googleケータイ」を発売へ(2008)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。