Rumor: KDDI、2011年中に「CDMA iPhone」発売?ーDIGITIMES

  • Day:2011.01.14 01:31
  • Cat:iPhone
DIGITIMESは、上流のコンポーネントメーカーの情報筋によると、Appleは、CDMA方式に対応する「iPhone 4」の出荷調整をしており、2011年第1四半期の出荷予定数は約700万台になっているようだと報じています。

また、PegatronとFoxconnは、CDMA iPhone 4を、それぞれ2011年1月、2010年12月に出荷開始しており、後者のモデルが米国向けであるのに対して、前者のモデルは中国と他の国向けとしています。

さらに、Appleは、既に日本と韓国向けのCDMA iPhoneのを供給する用意が整っており、2011年の出荷台数は新記録を達成する見込みとのことです。


仮にレポートが正確であるならば、日本においてCDMA2000 1xEV-DO Rev.A方式のサービスを提供する唯一のキャリアはKDDIであるため、必然的にCDMA iPhoneの販売キャリアはKDDIになります。

KDDIは、R-UIMカードを採用しており、これは中国におけるCDMA方式キャリアのチャイナ・テレコム(中国電信)も同様です。従って、日本はともかく、市場が非常に大きな中国向けにCDMA iPhoneを販売する場合、SIMカードスロット搭載型のグローバル対応モデルになると思われます。そうしたiPhoneが存在する場合、日本での販売も可能性は見込めます。

一方で、KDDIは、周波数逆転の無い新800MHz帯を利用するau携帯電話を2006年後半から販売していますが、現状ではエリアの関係上、旧800MHzとの併用になっています。同社は、旧800MHzについて、2012年夏までにサービスを終了する予定なので、エリアが充実するのもその時期と考えられます。

よって、現行のCDMA iPhoneが、仮にSIMカードスロットを搭載したグローバル対応モデルになったとしても、そのままの周波数では、2011年中の販売は厳しいと思われます。一方で、Appleが、完全にKDDI向けのiPhoneを製造しているならば、その限りではありません。

私は、KDDIが「Android au」を軌道に乗せている点、2年目として今年はラインナップがより充実する点を考慮すると、戦略としてすぐにiPhoneの発売に乗り出す必要はないと思います。

関連:
Rumor: 「CDMA iPhone」2011年第1四半期に北米とアジア太平洋で展開?ーDIGITIMES
Rumor: 「CDMA iPhone」日本のKDDIを含めてグローバルに展開?

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。