Nexus S: 「Android 2.3」+「Hummingbird」の動きはこんな感じ


Google「Nexus S」の動作を大雑把なムービーにしてみました。Nexus Sは、CPUに、Samsung製のCortex A8「Hummingbird」プロセッサ 1GHzを搭載しており、また、最新版のAndroid 2.3「Gingerbread」を採用しています。

とてもサクサク動くので、従来のもっさり感や引っかかる感じは、ほぼ無くなったと思います。処理の重そうなライブ壁紙も自然に動いていて驚きです。Androidマーケットからダウンロードした「マトリックス」風のライブ壁紙は、最初に見たとき、期待通りの動きをしてくれてドキドキしました。

また、最後にNexus Sのディスプレイを消灯しますが、この消灯時のアニメーションは必見です。めちゃくちゃカッコイイです。

関連:
Nexus S: iTunesの音楽を「doubleTwist」で同期する
Gadget: Android 2.3搭載Google「Nexus S」

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。