GALAPAGOS SoftBank 003SH: 発売日レビュー(インターフェース篇)

本日、ソフトバンクモバイルからシャープ製Androidスマートフォン「GALAPAGOS SoftBank 003SH」が発売されました。今回、アジャイルメディア・ネットワーク株式会社運営のイベントで、シャープさんから事前に端末をお借りしていましたので、早速レビューを掲載致します。

この記事では、ユーザーインターフェースを主に採り上げます。

(その他の発売日レビュー「筐体篇」「アプリケーション篇」「3D篇」)

IMG_5535.jpg

これは「ピクチャー(3D対応)」からのアクセス画面です。写真をタイル調で視覚的に表示します。上には「すべて」「人物」「イベント」「地図」というカテゴリ、下には「TapFlow UI」の起動アイコン。

IMG_5536.jpg

「人物」は、電話帳とシンクしており、そこから写真などを「TapFlow UI」経由で送信することも出来ます。

IMG_5537.jpg

IMG_5538.jpg

これが「TapFlow UI」です。使い始めは全てのアイコンが同じ大きさですが、次第にユーザーが頻繁に利用するアイコンが大きくなったり、中央に配置されるなど、学習機能を備えています。このTapFlow UIが良くできていて、003SHのアドバンテージだと感じます。

IMG_5541.jpg

IMG_5542.jpg

電話帳も非常に視覚的で分かりやすいです。スワイプでの行切り替えも出来ます。名前をタップすると、詳細が表示されますが、このとき、バックグラウンドには、設定していたプロフィール写真が表示されています。また、直近のメールなどのやりとりを吹き出しで表示し、吹き出しをタップすると、ヒストリーが電話帳内で閲覧出来ます。連なる写真のアイコンは「ピクチャー」の「人物」と連動していて、タップすると、ピクチャーの同カテゴリへジャンプします。


「ピクチャー」についてはムービーでもレビューしましたので、併せてご参照下さい。

関連:
GALAPAGOS SoftBank 003SH: 「ピクチャ」「TapFlow UI」レビュー
GALAPAGOS SoftBank 003SH: イベント

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。