GALAPAGOS SoftBank 003SH: 発売日レビュー(アプリケーション篇)

本日、ソフトバンクモバイルからシャープ製Androidスマートフォン「GALAPAGOS SoftBank 003SH」が発売されました。今回、アジャイルメディア・ネットワーク株式会社運営のイベントで、シャープさんから事前に端末をお借りしていましたので、早速レビューを掲載致します。

この記事では、アプリケーションを主に採り上げます。

(その他の発売日レビュー「筐体篇」「インターフェイス篇」「3D篇」)

IMG_5522.jpg

まず、国内メーカーらしい配慮ということで、アプリケーションが「基本機能」や「カメラ/AV機能」というようにカテゴリ別に分けられています。また、ホームで任意で登録されている下部の3つのアプリは、どの画面でも表示されます。基本機能には、電話、ソフトバンクS!メール、Gmailなど主要アプリケーションが配置されています。電話帳は独自色が強いため、先日のイベント記事の際にも採り上げました。

IMG_5523.jpg

「3D写真撮影」は後ほどご紹介しますが、ここから起動すると3D写真をそのまま撮影出来るといったリンクです。「~リーダー」系アプリもここに揃っています。また、「スライドビデオ」は、写真からムービーを作成してくれるアプリケーションです。「撮る家計簿Photoマネー」は、レシートを撮影して家計簿を付けられるアプリ。

IMG_5524.jpg

「サービス・コミュニケーション」では、「ビューン」や「mora touch」などのアプリケーションが配置、またはAndroidマーケットへのショートカットが掲載されています。

IMG_5527.jpg

「ツール1」には、電卓からおサイフケータイまで、多様なアプリケーションがあります。おサイフケータイは、003SHのメイン機能の1つで、おサイフケータイポータル「ピットスクエア」へのリンクになっています。発売時点で対応するFeliCaは、モバイルWAON、ビックカメラポイント、ヨドバシゴールドポイント、ANA旅達空間です。

IMG_5528.jpg

「ツール2」には、Googleのサービス「プレイス」「Voice Search」のほか、ワンセグも。ワンセグは、3Dにリアルタイムで変換して視聴することが出来ます。

IMG_5529.jpg

「ゲーム」には、プリインストールのゲームがいくつか含まれています。中には3Dに対応するゲームも用意されており、「バイオハザード」などを実際に3Dでプレイできます。私が試したときには発売前ということもあり、Androidマーケットに登録されていないものも含まれていました。


こちらのムービーでメニューの操作などを紹介していますので併せてご覧下さい。

関連:
GALAPAGOS SoftBank 003SH: 「ピクチャ」「TapFlow UI」レビュー
GALAPAGOS SoftBank 003SH: イベント

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。