日本書籍出版協会など主要4団体, 海賊版でアップルジャパンに協議要求へ/違法行為の幇助と非難

  • Day:2010.12.14 03:24
  • Cat:iPad
Appleが提供する「App Store」で村上春樹氏や東野圭吾氏らの小説の海賊版が売られた問題で、国内の459出版社が加盟する日本書籍出版協会など出版関連の主要4団体は13日、Appleを強く非難し、アップルジャパンに改善策を取るよう求める「声明」を出す方針を決定しました。朝日新聞が、14日付の朝刊で報じました。4団体は、アップルジャパンに対して、今日にも協議を要求します。

報道によると、声明を出すのは書協のほか、96社加盟の日本雑誌協会、41社加盟の日本電子書籍出版社協会、39社加盟のデジタルコミック協議会で、日本における出版社の「総意」を強調します。

声明では、App Storeにおいて「明白な著作権侵害行為が横行している」と明記した上で「違法配信で(Appleも)利益を得ているのに販売数の開示もしていない」と批判し、情報開示を求めています。また、Appleはデジタル海賊版に対する削除要請窓口、削除手順も明示していないとして、防止策を策定するよう求めており、同声明は英文も用意し、欧米のメディアなどにも公表する方針です。

同報道によると、アップルジャパンは出版各社からの要請に対して「米国のApple本社で検討します」といった回答を繰り返しているとのことで、出版社側は「日本で、日本語の電子書籍などを提供するサービスを行っている以上、アップルジャパンが責任ある対応をするべきだ」と主張しています。

朝日新聞の取材に対し、アップルは回答しませんでした。

Comment

今やらなきゃいかんことはそういうことでしょうか?
んーー、結局窓口を作るってことぐらいしかAppleにはできないんじゃないすかね?

そのコンテンツの権利の所在をはっきりさせることってある意味悪魔の証明に近いものがあるわけで。


・アプリとしてはメーカーがソフトのメーカーで出版社ではないこともある。
・そもそも参照にすべきデータベースがない。
↑あったからってタイトル詐称、著者詐称があれば意味がない。
・電子書籍版ISBN?そんなもの作ったら結局コード発行のための団体加入とか手続きが煩雑になって大手しか電子書籍を出せなくなる。
↑囲い込み?
・売り上げをはっきりしたからって売り逃げは防げない。窓口しかり。
・違法行為で利益を得るなんて言い方は大手の出版社でもそうなりかねる可能性を排除できない以上そういうことを言うべきではない。
↑某ラノベの倒錯疑惑の時には購入者への返金ぐらいはしたんでしょうね?

いまそういうことをAppleに言ってるぐらいならもっと東京都相手とか言わなきゃいかんことはあるはずなんですが…
  • 2010/12/14 19:19
  • ロン
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。