News: 総務省, 第4世代携帯電話の周波数をオークション方式で割り当てへ

政府は、2015年以降の実用化が見込まれる第4世代携帯電話(4G)への参入キャリアを、オークションで選ぶ方針を固めました。14日(火曜日)に片山善博総務相ら政務三役が開く会合で正式決定します。日本経済新聞が報じました。

4Gで使用する3.4~3.6GHz帯の周波数の使用権をオークションにかけ、高い金額を提示した企業に参入を認める方針で、オークションで得た資金は、既に周波数を使っているキャリアを他の周波数に移転させる費用に充て、残りは国庫に入れる方針です。

従来は総務省が企業の事業計画を審査して周波数を割り当てる形式で、不透明性が指摘されていました。今回、4Gの周波数割り当てでオークション方式が採用されることにより、そうした点が解消される一方で、同方式が主流の海外では、適正価格以上に落札額が高騰する例が見られ、懸念もあります。

総務省は3.9Gで使う700~900MHz帯の再編でもオークションを活用する予定ですが、既存キャリアの移転費用だけを負担させる試験的な形に留めます。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。