SoftBankとGoogle, クラウド分野で提携(OFFICIAL)

UPDATE:
ソフトバンクテレコムが、企業向けクラウド事業の一環としてGoogleと提携し、同社が提供する企業向けクラウドコンピューティングサービス「ホワイトクラウド」において、2011年2月1日よりGoogleが提供する「Google Apps for Business」の提供を開始すると発表しました。

Original Story:
ソフトバンクとGoogleは、クラウド分野で提携し、ファイルシェアリング、スケジュール管理などGoogleの提供するサービスをソフトバンクが企業向けに販売します。日本経済新聞が、8日付の朝刊で報じました。

具体的には、ソフトバンクテレコムが提供する企業向けクラウドサービス「ホワイトクラウド」に、Googleの「Google Apps」機能を追加します。ソフトバンクは、Google Appsを世界初の月額課金制度で提供、月額525円または年額6,300円の予定です。

GoogleのAndroid OSを搭載するスマートフォンの運用でも連携を強化します。提携により、端末とGoogleのサーバーを携帯電話網経由でダイレクトに接続する仕組みも提供し、セキュリティ性を一層高めます。ソフトバンクモバイルのAndroidsスマートフォンとのセット販売も予定しています。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。