Review: 「iOS 4.2」の主な特徴(iPad篇)

  • Day:2010.11.23 03:17
  • Cat:iPad
Appleが、本日リリースした「iOS 4.2」により、発売から8ヶ月が経過しようとしている「iPad」は、新たなデバイスに刷新されたと言っても過言ではないほどの新機能が追加されました。iOS 4.0ラインを既に搭載していたiPhoneに追いついた、とも考えられますが、iPadならではの大画面を活かした工夫が各所に見られます。

なお、既に公開したエントリー「Review: 「iOS 4.2」の主な特徴(iPhone篇)」と機能的に重複するものもあるので、こちらでは、簡単に新機能をレビューしてみます。

IMG_0003ipad.jpg

まず、一番大きな新機能の1つである「マルチタスキング」は、iPadユーザーが待ち焦がれていた機能です。私も、iPhoneでその便利さを体感し、尚更iPadで欲していました。

IMG_0010ipad.jpg

iPhone同様、マルチタスキングのホームから右にスライドすると、左側に画面回転ロック、ディスプレイ照度、iPodコントロールとAirPlayアイコン、音量キー、iPodジャンプボタンが配置されています。この画面は、iPadを利用する上での環境設定が多く含まれているため重宝します。なお、今回から、iPadの右側面のボタンは、ミュートボタンに変更されました。

IMG_0005ipad.jpg

最大の新機能「フォルダ」は、iPadの利用法を大きく変えてくれる重要な要素です。iPhoneでも便利さを体験しましたが、iPad上では、もはや必須。iPadでは、最大20個のアプリケーションをフォルダで管理することが出来て、かつ、1画面に20個までフォルダを配置出来るため、iPadにインストール出来るアプリケーションの最大数は4,400個にまで増加しました。

これまでは出来なかったフォルダ管理で、単品で販売されている電子書籍を「電子書籍」というフォルダを作成して管理したり、iPadで最も活躍するレファレンス系のアプリケーションを統合することが出来るので、視覚的にも直感的にも更に効率の良いユーザビリティを得られます。

IMG_0011ipad.jpg

IMG_0006ipad.jpg

iPhone同様に、Safariのページ内テキストサーチにも対応しました。(上)また、新機能「AirPrint」にも対応しています。(下)

IMG_0007ipad.jpg

IMG_0008ipad.jpg

今月からiTunes Storeにおける映画配信が日本でも開始されましたが、iOS 4.2の新機能「AirPlay」では、購入した映画や、iPodに入っている音楽などをダイレクトにワイヤレススピーカーに飛ばすことが出来ます。AppleTVと連携させると、音楽、ビデオ、写真をワイヤレスでAppleTVにストリーミングすることも可能です。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。