SoftBank, 英Vodafoneから優先株式など4,125億円を買い戻しへ

ソフトバンクは、9日、連結子会社であるBBモバイルが、ボーダフォン(現ソフトバンクモバイル)買収のために英ボーダフォングループ向けに発行した、第一種優先株式および新株予約権と、ソフトバンクモバイルが同グループから調達した劣後借入(長期借入金)の全額を、それぞれ同グループから取得することについて、同グループとの間で合意したと発表しました。

ソフトバンクが取得する資産は、BBモバイルの第一回第一種優先株式(1,500,000株)、新株予約権(245個)、ソフトバンクモバイルの劣後借入(長期借入金)の元利金です。取得価格は、総額4,125億円で、2010年12月中の取得を予定しています。

ソフトバンクによると、当該取引は、ソフトバンクモバイルに関わる事業戦略および財務戦略の柔軟性を高めることが狙いであり、今後もボーダフォングループとの提携関係は継続するとしています。資本関係を整理したことにより、ソフトバンクモバイルとしての自由度が高まります。

当社連結子会社がボーダフォングループ向けに発行した優先株式などの当社による取得について(プレスリリース)

関連:
ボーダフォン買収完了に関するお知らせ(プレスリリース)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。