NTTドコモ, LTEサービスを月額6,510円で提供へ

NTTドコモは、年末からサービスを開始する次世代通信規格「LTE」サービスの料金について、現行のデータ通信サービスの料金を1割弱上回る程度の月額6,510円に設定し、普及促進を目指します。日本経済新聞が、8日付の朝刊で報じました。

同社は、LTEサービスを12月24日(金曜日)に開始する予定で、本日の発表会において、富士通製のLTE対応ExpressCard型データ通信端末「F-06C」および、LG電子製LTE/UMTS/GSM対応のUSBスティック型データ通信端末「L-02C」を発表し、サービス開始と同時に発売します。

価格は、5GBまでが月額6,510円で利用可能で、それを超える通信には2GBごとに2,625円を加算します。同社では、定額内で収まるユーザーが99%だと見込んでいます。

また、大都市圏での地域限定提供となる2012年4月までは、2年契約を条件に月額4,935円の特別料金を設定して、提供します。

同社では、LTE対応で音声通話が可能なスマートフォンを2011年下半期にも投入する方針です。

ドコモが、LTEサービスを月額6,000円台で提供することにより、世界各国で同規格のサービスを提供するキャリアの平均月額7,000円台といった価格設定にも影響を及ぼしそうです。

関連:
NTTドコモ, 冬春モデルを明日発表/多彩なラインアップを用意
NTTドコモ, 2010-2011冬春モデル新商品・新サービス発表会を11月8日に開催
NTTドコモ, 「Pocket WiFi」を発売へ
NTTドコモ, 冬春モデルでブランドコラボを充実

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。