Sprint, 携帯機器発注で安全保障めぐり中国Huawei、ZTEを除外ーWSJ

  • Day:2010.11.07 01:45
  • Cat:News
The Wall Street Journalは、事情に詳しい関係筋の話として、Sprint Nextel社が、数十億ドル規模の携帯機器発注に関して、米国政府の安全保障上の懸念を考慮し、中国の「Huawei」「ZTE」の2社を選考から除外したと報じました。

レポートによると、国防総省と一部議員は、米国の基幹通信インフラに、中国政府や人民解放軍と関わりがあるHuaweiとZTEを採用した場合、セキュリティ上の問題が生じると懸念していましいた。当局関係者のなかには、中国軍は、米国の通信を遮断したり妨害するために、それらのメーカーを利用する可能性があると指摘する人もいるようです。

入札には、Alcatel-Lucent、Telefonaktiebolaget LM Ericsson、Samsung Electronicsも参加しており、中国2社はそれら3社よりも安い価格を提示していたとのことです。

Huaweiは、元中国軍人が創業し、ZTEは、中国国営企業が設立しました。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。