NTTドコモ, サムスン製「GALAXY S」品薄で追加出荷依頼

NTTドコモが、先月下旬に発売した韓国サムスン電子製Androidスマートフォン「GALAXY S」について、主要部材の有機ELパネルの不足で品薄状態が続いており、サムスンに年明け以降の追加出荷を依頼したものの、年内販売分で確保しているのは20万台前後で、引き続き品薄が続く見通しであることが明らかになりました。日本経済新聞が報じました。

ドコモによると発売前の予約総数は約5万台で、現在、ドコモショップなどでも入荷時期が未定の状態が続いています。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。