Gadget: docomo「GALAXY S SC-02B」vol.2

IMG_5346.jpg

「GALAXY S(SC-02B)」は、発表前から、発表後、CEATEC JAPAN 2010での展示時、予約開始時に大変な人気を見せており、殆どの販売店で発売日分の予約受付は終了していました。私は、予約をしておらず、半ばあきらめていたところ、ドコモショップ丸の内店において当日分を7台販売するとの情報をTwitterで得て、飛んでいきました。

11時の開店から30分経過したころにショップに到着し、在庫を確認して頂いたところ最後の1台があるとのことで、機種変更をお願いしました。ちなみに、発売日時点で、予約受付は停止しているとのことでした(全国のドコモショップの対応か否かは不明です)。

GALAXY Sは、F-06Bからの機種変更で、本体価格が45,760円(税別)、端末購入サポートが14,400円(税別)、頭金が3,000円(税別、発売日に限り割引相殺)、明細合計32,400円でした。

上写真の「GALAXY Tab」と書かれた化粧箱はもちろん製品ではなく、ショップで頂いた購入特典のUSBメモリです。他に、シリコンケースやガイドブックなどがありました。

SC20101101-032105.png SC20101101-032338.png

NTTドコモのiモードメール対応サービス「spモード」に対応しているので、契約時に申し込みました。これは月額315円で、iモードメールの送受信をスマートフォンから利用出来るサービスです。現在キャンペーンを実施しており、利用開始月と翌月から5ヶ月間は使用料が無料になります。

また、iモード月額使用料を引き続き契約することにしました。これは、SIMカードをFOMA端末に差し替えた際に、同契約が無ければ、iモードメールの送受信などiモード関連のサービスが利用出来なくなるためです。FeliCaの設定やメールの設定を考えると、数ヶ月間は同契約も維持しようと思いました。

なお、この場合、spモード用のアドレス(@docomo.ne.jp)が新たに割り当てられます。従来のアドレスはSIMカードをiモード端末に差し替えた際に利用出来ます。ただし、この2つのアドレスは入れ替えが可能なので、私の場合は、GALAXY Sのspモードの設定から従来のアドレスを利用するように設定を変更しました。

spモードでのiモードメールを数日間利用しましたが、思っていた以上に普通に利用出来ます。それでもまだ操作感など発展途上だと感じました。

例えばWi-Fi環境ではメールの送受信が出来ません。これは3G回線を使えばいいのでは?と思うのですが、Wi-Fiをオンにしている限り、「未受信メールがあります」との通知のみで、オフにしない限りメッセージを受信してくれません。これはかなり不便です。

また、必須と言ってもいいフォルダ分けの機能で、振り分け設定を一件ずつしなければならない(電話帳グループで一括などが出来ない)のも改善して欲しいところです。さらに、spモードのアプリケーションが大変重たく、メールフォルダを閲覧するのに5秒以上待たなければならないなど、ストレスがたまるアクションがあります。

私は、キャリアメールは大学等の友人とのコンタクトにしか利用しておらず、大抵をPCメールで処理しているので、そこまでヘビーユーザーではありませんが、普段からキャリアメールを一日50件利用などのフィーチャーフォンユーザーには、spモードがあるからといえ、スマートフォンを勧めることは気が引けます。

R5051556.jpg

GALAXY Sは、現時点で日本で出ているAndroidスマートフォンでは一番使い勝手が良いかもしれません。それはサムスンのしたたかなローカライズ戦略であり、ブランドネームを浸透させるマーケティング戦略でもあります。「SC-02B」なので、一応は、間もなく発表される冬春モデルには含まれませんが、今後追加される国内外のAndroidスマートフォンと比較しても、引けを取らないスペックを持っています。

上部にはmicroUSBポートが配置されていますが、カバーが付いています。海外製ではiPhoneを含めて端子がむき出しになっているものが多いですが、この辺りも、丁寧さの表れだと思います。また、個人的には残念ですが、日本向けのGALAXY Sにはインカメラが付いていません。これは需要の低さやコストダウンを考慮してのことだと思われます。

IMG_5351.jpg

縁取りから、よく「iPhone 3GS」と間違われることがあります。確かに似ていないとは言えません。ただ、4インチのSUPER AMOLEDディスプレイは迫力があり、同じ解像度のHDムービーも、iPhone 4と比べても閲覧時にインパクトが強いです。さらにたった0.5インチの差で、電子書籍も読みやすかったりします。

何より、ドコモが、ドコモマーケットでの電子書籍の展開(現時点ではトライアルサービス)に力を注いでいるのが伝わるので、今後の正式ローンチに期待しています。

関連:
Gadget: docomo「GALAXY S SC-02B」vol.1

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。