Gadget: Atomic Floyd「MiniDarts+Microphone」

UPDATE:
フォーカルポイントコンピュータが、Atomic Floyd MiniDartsシリーズ2モデルを正式発表し、本日より発売すると案内しています。

Original Story: Posted Oct 31th (Sun.) 2010 at 04:33
DSC00790.jpg

Atomic Floyd社の最新ヘッドフォン「MiniDarts+Microphone」が、昨日青山で開催された「秋のヘッドホン祭2010」において先行販売されていたので、購入しました。引き続きフォーカルポイントコンピュータが輸入販売を手がけていますが、記事投稿時点では、製品に関して、Atomic Floyd社、フォーカル社のいずれからも正式発表はされていません。

DSC00780d.jpg

「Atomic Floyd MiniDarts」には、iPhoneなどで利用出来るリモコンマイクが付いたタイプ(約25,000円)と、通常タイプ(約23,000円)が用意されています。私が購入したのは、リモコンマイク搭載タイプです。現在も愛用している「HiDefDrum AcousticSteel」でもリモコンマイク搭載タイプを利用していて便利なので、iPhoneなどで利用するには、こちらが必須だと思います。

R5051538.jpg

Atomic Floydシリーズが、好評で愛されているのは、1つにサウンドのバランス感が絶妙だということ、1つに1万円半ばから2万円半ばのレンジで、トータルデザインに妥協がないことだと感じます。

R5051540.jpg

「Atomic Floyd MiniDarts」は、バランスドアーマチュア型のドライバを採用しており、独特の高解像度を有します。さらに、HiDefDrumなどと比較して、遮音性も高く、音漏れも気にしなくて良いレベルになりました。ストレートに耳に入れられるので、装着も簡単です。樽型、あるいは弾丸型の筐体も美しいです。

R5051542.jpg

ケーブルにも、引き続きケブラー素材を採用しており、耐久性と機能性を兼ね備えています。ユニット側にはファブリックケーブルを採用して、絡まりを防止します。

R5051550.jpg

レッドのケーブルには、私が愛用しているサードパーティのイヤーチップ「コンプライ T-500」シリーズのレッドがお似合いです。付属のイヤーチップでも十分ですが、より耳にフィットさせたいユーザーは、このチップの利用をお勧めします。

「Atomic Floyd MiniDarts」は、近日中に正式に発表される見込みです。



関連:
Gadget: HiDefDrum AcousticSteel(Atomic Floyd)


THIS POST IS A PART OF PR.

Comment

音漏れとかはどうなのかが気になるところ…
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。