NTTドコモ, 冬春モデルでブランドコラボを充実

NTTドコモが、来月上旬にも発表する2010年冬モデルおよび2011年春モデルの30機種弱には、多数のブランドコラボレーションモデルが含まれます。

富士通は「ANTEPRIMA」とコラボして、着せ替え対応端末を発売します。また、SHIBUYA109とのコラボモデルも用意します。

また、NECカシオは「About a girl」と一部カラーでコラボするほか、耐衝撃端末では「BURTON」モデルをラインアップします。シャープは、SH-04Bに引き続き「Q-pot.」の数量限定モデルを発売します。その他にもパナソニックからも展開されます。

コラボ、という意味では、カメラブランドとの連携もあり、既に発表済みですが、パナソニックは「LUMIX Phone」を発売します。シャープは、KDDI向け同様に1,410万画素CCDカメラを搭載したモデルをリリースします。

他にも、カメラという意味では、面白いコラボレーションが実現しそうです。

個性の強い端末も用意されており、プロジェクタを内蔵したフィーチャーフォン、光学ズームを搭載したモデル、先述の耐衝撃モデルが興味深いです。

また、スマートフォンでは、富士通東芝モバイルコミュニケーションズからリリースされる「T-01C」のほか、LG電子の「L-04C」、シャープのAndroidスマートフォンで3Dカメラ、液晶を搭載する「SH-03C」、RIMの「BlackBerry Curve 9300」が見込まれるほか、隠し球も用意されているみたいです。

LTEサービス「Xi」に対応するデータ端末も登場し、富士通およびLGがラインアップします。

Comment

ファッションナブル
携帯もおしゃれになって......
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。