Apple, 20日にスペシャルイベント「Back to the Mac」を開催

mainimssage.jpg

Appleが、現地時間10月20日(水曜日)に、スペシャルイベントを開催すると各メディアにメールで案内しました。招待状には、Appleロゴが掲載されており、背景には次期Mac OS Xのヒントになりそうな動物が描かれています。

長らくアップデートされていない「MacBook Air」については、現行モデルの在庫が僅少になっていると言われており、刷新された新しいモデルの登場が期待されるほか、「iLife '11」や「iWork '11」といったMacソフトウェアもリリースが準備されている模様です。

そのほか、招待状からも見て取れるように、次期「Mac OS X 10.7」に関するアナウンスもありそうです。ただし、デベロッパ向けのイベントではないので、Appleロゴから少しだけ見えているように、僅かなプレビューに留まることも考えられます。

MacRumorsのBuyer's Guideによると、Macintoshのアップデートスパンでは、MacBook Proが、アップデートサイクルの平均に近い半年を過ぎている一方、MacBookは、前回のアップデートから5ヶ月弱経過(平均は半年超)しています。前述の通り、MacBook Airは明らかにアップデートが見込まれます。

関連:
Rumor: 現行「MacBook Air」在庫僅少へ/11.6インチモデル近日登場
Rumor: 11.6インチの「MacBook Air」今年中に出荷
Rumor: Apple, 11.6インチの「MacBook Air」を準備?
Rumor: 「iLife '11」11月までに発売/iOS対応か

Steve Jobs: "Leopardは先10年の基礎となる"

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。